重要無形文化財仙台平の袴姿の羽生結弦!人間国宝の甲田綏郎とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

羽生結弦選手が冬のオリンピック選手として初めての国民栄誉賞を獲得。7月2日に首相官邸において、安倍晋三首相から表彰を受けました。


凛々しい袴姿の羽生結弦選手でしたが、この袴が無形文化財に指定されている仙台平ということで話題になっています。そして羽生結弦選手用に仙台平で袴を作ったのが、人間国宝の甲田綏郎氏。

仙台平と人間国宝の甲田綏郎氏について調べたことをお伝えしていきます。

仙台平は高級絹織物

羽生結弦選手の地元である、宮城県仙台市に伝わる高級絹織物。

仙台平はとても丈夫な絹織物で、しわになりにくい。光沢となめらかで気持ちのいいさわりごこちが特徴です。2002年に「重要無形文化財」に指定されている超高級な絹織物なんですね。

人間国宝 甲田綏郎(こうだよしお)

甲田綏郎 (こうだよしお)さんは仙台に生まれ、父から仙台平を学び、仙台平ひとすじに製作し続けた方です。今から40年以上も前の1976年に宮城県無形文化財「精好仙台平」技術の認定を受け、平成14年に「精好仙台平で人間国宝に認定されました。

仙台平はいくらぐらいする?

羽生結弦選手が来ていた仙台平になると最高級で200万円ぐらいするのではないか‥といわれています。

仙台平の袴を購入するとなると、100万円相当のお金がいりますが、レンタルもできます。

2018年人気サーバーランキング発表 28社から「安さとおいしさ」で選ばれたTOP5はコチラ!

袴以外でも、財布や名刺入れ、テーブルセンターなどの小物や、七五三セットもあるので、美しい色鮮やかな模様と光沢がある仙台平をお手軽に手にいれることもできます。

この七五三参りセットはいいですね!

私も息子に「羽生結弦選手のようになってほしい」思いを込めて、息子の七五三お祝いに仙台平の袴セットでかっこよくきめて写真を残しておきたい・・♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク