食べログ手数料1人200円課金に飲食店が待った!利益優先でオワコンか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

飲食店のイタリアンレストランが、口コミサイト食べログの課金制度について批判ともとれる掲示をツイッターに投稿しました。1人200円を手数料として食べログに課金されるという内容です。

客に対して現状での料金体系を維持するためにも、電話かホームページからの予約を依頼する張り紙が話題になっています。

食べログ課金制度の内容は?

食べログの予約サイトで予約した客に対して、1人あたり200円徴収する制度。客の単価にかかわらず、1人200円という取り決めです。

食べログ過去には・・

もともと食べログの「高圧的な」飲食店への態度は問題になることがありました。

よく聞いていたのが、高いプランに変えさせるやり方です。

  1. 飲食店は月額25,000円のベーシックプランで食べログと契約。
  2. 集客効果がほとんど変わらない店主がそれを食べログに相談する。
  3. 食べログ担当者「月額25000円のベーシックコースでは、集客はムリ。ライバルは上のプランで集客に成功している。プレミアムプランに変えることで、食べログ内で上位に表示されたり、PRが増える。そうすれば客は増える」といって、月額50,000円や月額100,000円のコースに変えさせる。

食べログのこの営業のやり方はよく聞いていました。えげつないな~と思っていましたが、まだあるようです・・

食べログと飲食店の闘い

食べログと飲食店とのトラブルで話題になったのが、「食べログ使わないなら、点数を下げるぞ」という脅しのような営業手法。

2016年に報道されたのは、食べログのサービスを使わない飲食店に対して、食べログ内での評価を意図的に下げたり、検索順位を下げたりしていました。

食べログの評価の点数は、その店を利用したお客さんが決めるものだと思いますよね、食べログの点数を頼りに店を決めた経験は誰しもあると思います。

ただ、現実は、客のためになるユーザビリティを意識した目線よりも、食べログの利益目線で点数が決まっていたという報道です。

他にも、あります。

食べログと契約していないのに、勝手に掲載される。掲載を削除するよう依頼すると、削除するための手数料を食べログが飲食店側に請求したという報道もありました。

食べログは、飲食店という直接の顧客も飲食店を利用する客にも不誠実だったということでしょうか・・