モドリッチがやばい!タレント軍団クロアチア,アルゼンチン予選敗退か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

kuroachia

モドリッチラキティッチを中心としたクロアチアが強すぎます!あのボバンやシュケルがいた20年前フランス大会の3位を超える実力をもっているクロアチア。あの時は日本もクロアチアに負けましたよね。

タレントぞろいのクロアチア

レアルマドリーのルカ・モドリッチ、

ユヴェントスのマリオ・マンジュキッチ、

バルセロナのラキティッチ、

レアルマドリーのマテオ・コバチッチ、

インテルのイヴァン・ペリシッチ、

ミランの二コラ・カリニッチ

攻撃陣だけでもこれだけのタレントです。アルゼンチンに3-0で完勝するのも納得できます。

予選ではアイスランドやトルコに負け、負ければ予選敗退決定の最終ウクライナ戦の前に監督が代わるなど、タレントが機能しないことも多かったクロアチア。ファンが暴動を起こすことでも有名な国ですが、プレーオフでギリシャを破り、本大会出場を決めてからはタレント軍団が本来のプレーをするようになってきています。

ロシアワールドカップでは、ナイジェリア・アルゼンチンに無失点の完勝。グループリーグ突破を早々に決めました。

モドリッチはワールドクラスの司令塔

クロアチアの中心は「ルカ・モドリッチ」です。レアルマドリーの大スターのモドリッチが気持ちよくゲームをコントロールできれば、豪華な攻撃陣を自在に操りゴールに迫れます。

アルゼンチン戦でのモドリッチのミドルシュートは、完全にアルゼンチンの息の根を止めました。マラドーナもアルゼンチンサポーターも泣いていましたよね。

モドリッチは1994年フランス大会のボバンをもう超えています。冷静にゲームをコントロールできるのも、ボバンにはなかった特徴です。

ラキティッチがチームメイトのメッシをどん底に

守備的なMFには、バルセロナのラキティッチがいます。アルゼンチン戦でも存在感がすごかった。フリーキックでバーに当たるシュートを打ち、チームメイトのメッシを絶望させる、とどめの3点目を決めたのもラキティッチでした。

クロアチアは攻撃陣に比べ、ディフェンスにビッグネームはいませんが、ナイジェリアとアルゼンチンを無失点に抑え自信をつけてきています。

ベスト8までは堅い!その先に行けるか?

グループリーグ残りの1試合は、ヨーロッパ予選で1度負けているアイスランド。気持ちよく3戦全勝で決勝トーナメントに行くことができるのではないでしょうか。

決勝トーナメント1回戦で当たるのは、おそらくデンマーク。ここを突破し、ポルトガルかスペインとの準々決勝が大きなヤマになりそうです。

アルゼンチンは「メッシおまかせ戦術」をやめるために・・

アルゼンチンは絶不調だった南米予選そのままの戦いぶり。

キーパーのありえないミスもありましたが、それがなくてもクロアチアには完全に力負け。ナイジェリア戦に予選突破すべてをかけることになります。得失点を考えても、クロアチアに0-3で負けてるだけにかなり不利。

「メッシおまかせ戦術」が限界なのは明白です。クロアチア戦はチームとしてもバラバラな印象を受けました。もういっそのこと、メッシをベンチに置いて前半だけでもメッシなしアルゼンチンでやった方が結果が出そうな気もしますが・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク