動画、マンガ、雑誌をまずは無料でお試し!【FODプレミアム】

鈴木充 野球ブローカーの収入いくら?1名紹介でいくら稼げるのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

suzukimitsuru

鈴木充が野球ブローカーだったと顔画像つきのニュース映像が流れていました。野球ブローカーとして鈴木みつるが世話をした学生の中には、ショックを受けている関係者もいるようです。

中学・高校から野球一筋で生きてきた鈴木充。いったん就職したあと退職して、野球ブローカーになっています。野球ブローカーだけで食べていくには収入では足りなかったのか?

鈴木充がインターネットを経由して明らかにあやしい金儲けの話に乗った理由は何なのか。

浜松まで行って金儲けに加わった動機はなんだったのでしょうか?

野球ブローカーとは

中学野球で有望な選手を探す・発掘する仕事です。

有名な野球ブローカーになると全国の野球チームを回り、有望な中学生の選手を見つけます。強豪の高校野球チームに紹介し、入学してもらうために、何度も中学野球のお目当ての選手を訪れて、その選手と仲良くなるような地道なことも必要な職業です。

最終的に高校野球の強豪校に紹介し、入学してもらうことで報酬を得ることができます。

報酬は、高校からだけでなく、強豪高校に入学させて甲子園に出場させたい野球選手の保護者からももらいます。

野球ブローカーは儲かるのか?

1名いくらというようり、紹介する高校との取り決めで決まるようです。A高校はいくらで、b高校はいくらとかの高校による値段。

あとは選手の価値による値段。ランクごとにSランクの中学生が入学するといくらとかが決まっています。

だいたいの相場として、有名選手1名につき50万円ぐらいの歩合制での報酬があるようです。歩合制でない場合もあり、月給制をとっているような高校もあります。

また、子どもを甲子園に出場させたい親が大金を積むケースもあるようです。有名な指導者がいる高校への紹介を親がブローカーに依頼し大金を払うわけですね。

高校野球が一大産業だった時代

甲子園常連校の高校野球の監督などが、豪邸を建て、高級車に乗る話は一昔前までよく聞きました。

甲子園に出場しても、ベンチに入るのに(背番号をもらうために)百万円単位のお金を積む必要があった時代です。

ある程度野球を知っていると、明らかに実力がないのに甲子園で出場しているような選手が分かります。

昔よく見たのが・・

甲子園で負けが濃厚な9回。負けているチームが代打攻勢するパターンです。

実力がないから、だいたいみんな三振してゲームセットですよね。高校野球らしいすがすがしい場面としてとらえられていますが、実際は違います。

野球ブローカーがからんで、親が大金をだして甲子園に出場するような強豪高校に入学した生徒。レギュラーとして出るレベルにはないので、お金の力でベンチに入り、最後の甲子園での代打1打席をお金で買う・・当たり前だった時代です。

よく聞いたのが、1打席200万円というある高校の話。

今では、その高校も監督が代わりましたし、やっていないとは思いますが・・

主犯の男は遠くに逃げている・・鈴木充の自白も見越していたか?

プロ野球に入るような選手を1人入学させれば、家が建つ・・そんな時代です。

野球ブローカーが儲かった時代だったんじゃなでしょうか。

野球特待生規約もありブローカーが儲からない時代に

今では特待生規約やインターネットの普及により情報が漏れやすいリスクがあることなどから、以前ほどはブローカーが活躍できなくなっているのではないでしょうか。

鈴木充がわざわざ名古屋から浜松まできて、犯罪に加わった背景に野球ブローカーという職業の時代とのミスマッチによるむずかしさがあったのかも知れませんね・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク