内山茉由子はやはり主犯1人の犯行!逮捕の2人は連れ去り協力のみか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

20180603004010 3 300x200 - 内山茉由子はやはり主犯1人の犯行!逮捕の2人は連れ去り協力のみか?

伊藤基樹容疑者と鈴木充容疑者は連れ去りの協力しただけだったのでしょうか?

主犯が整形外科看護師の内山茉由子のことを狙っていて、お金を出して伊藤基樹と鈴木充に連れ去りだけ手伝わせたということななのでしょうか。

静岡県藤枝市の山中で女性看護師の遺体が見つかった事件で、逮捕された2人の男が「事件当日に、別の男から犯行の計画を聞いた」という供述をしていることがわかりました。

先月26日、静岡県浜松市の駐車場で、看護師の内山茉由子さん(29)が2人の男に車ごと連れ去られ、2週間後に藤枝市の山中で遺体となって見つかりました。

捜査本部は、逮捕監禁の疑いで、住所不定・無職の伊藤基樹容疑者(28)と名古屋市天白区の無職・鈴木充容疑者(42)をこれまでに逮捕しました。2人は、内山さんを連れ去ったことは認めている一方で、その後のいきさつについては「知らない」と話しているということです。

捜査関係者によりますと、2人は、インターネットの掲示板の金儲けを誘う書き込みをきかっけに別の男と知り合ったとみられ、「事件当日に、別の男から犯行の計画を聞いた」という趣旨の供述をしているということです。

連れ去りの現場近くの防犯カメラには、逮捕された2人と行動する別の男が映っていて、警察は、この男がインターネットの掲示板で仲間を募り、犯行を主導した可能性を視野に男の行方を追っています。

伊藤基樹と鈴木充は無職でお金が必要だった

インターネットの掲示板を使い、主犯の男が伊藤基樹と鈴木充を金儲けで誘ったことが分かりました。

このとき、伊藤基樹容疑者と鈴木充容疑者はまさか、内山茉由子を藤枝の山中に捨てるなんてことは想像もしなかったのではないでしょうか。

主犯の男が、「連れ去りに協力するだけ」という計画を伊藤基樹容疑者と鈴木充容疑者に伝え、金が欲しかった2人を協力させた。

伊藤基樹容疑者も鈴木充容疑者も、全く知らなかった内山まゆこ。内山茉由子は浜松市の在住ですし、名古屋にすんでいた鈴木充とは面識がなくて当然です。

伊藤基樹は住所が明らかにはなっていませんが、愛知県の住所だと思われます。

つまり、この伊藤基樹容疑者と鈴木充容疑者はお金儲けのために、全く土地勘のない浜松市にやってきて、主犯の男と会った。

連れ去りだけ協力させた主犯が、1人で藤枝まで内山茉由子を連れて行った

こういうことなのでしょうか・・

主犯については、こちらの記事でも書きました。

主犯は内山茉由子を一方的に思っていた可能性。用意周到な計画性で遠くに逃げたか?

この主犯は、おそらくは内山茉由子と面識がある人物か主犯が一方的に内山茉由子のことを知っている関係。

防犯カメラに映っていて、共犯の男2人も警察で供述しているはず。それなのに主犯はまだ捕まりません。

主犯の男は浜松に在住だったんだと思いますが、もう遠くに逃げているのかも知れません。用意周到、計画的に逃げる場所まで確保しての犯行だった可能性もあります。