梅田耕太郎さん小島一朗から女性を守ろうと犠牲に 画像や助けた女性は …

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

umedakotaro-basfjapan

梅田耕太郎(梅田こうたろう)さんは東京大学大学院を卒業し、尼崎市に妻との2人暮らしでした。梅田耕太郎さんの評判は自宅マンションでも良かったようです。

梅田耕太郎(うめだこうたろう)の最期

梅田耕太郎は尼崎のマンションに愛する妻と2人暮らし。

新幹線に乗る前には、妻に「今から帰る」と連絡をいれたことでしょう。新幹線の車内で電話やラインのやり取りをしていたかもしれません。

愛する妻のもとへ出張先から帰る途中で、思いもかけず迎えた人生の最期。

突然暴れだした小島一朗。それを制しするために立ち上がった梅田耕太郎さん。

刺された痛みと薄らいでいく意識。そして死への恐怖・・・。

梅田耕太郎さんは最期、「妻への愛」を想い、「妻に申し訳ない」と謝りながら無念でやりきれない思いで逝ったのだと思います。

残された梅田耕太郎の妻の悲しみとマスコミの対応。

梅田耕太郎(うめだこうたろう)さん妻のコメント

「突然、家族を奪われたこの悲しみは、言葉では言い尽くせません。今は、そっとしておいてもらいたいです」

兵庫県尼崎市の梅田耕太郎さんのマンションに、大勢のマスコミが詰めかけている映像がテレビで流れていました。

梅田耕太郎さんはもういません。梅田耕太郎さんの妻はコメントを出しました。

マンションの近所の人の梅田耕太郎さんの話も聞けたはずです。

マスコミは本当に梅田耕太郎さんの妻を「そっとしておいてあげてほしい」

自分の愛する人を、あまりにも身勝手すぎる動機の小島一朗容疑者に奪われた梅田耕太郎さん妻の悲しみは、まさに「言葉では言い尽くせない」で十分です。

マスコミがすべきことは、小島一朗の親族やすぐにやめた職場などの取材です。

梅田耕太郎さんが東京大学大学院まで出ているエリートとなると、その人となりを取材したくなる気持ちはわかりますが、職場などにとどめてほしい。

梅田耕太郎さんの妻だけは「そっとしてあげてほしい」

【Mr.サンデー】のような、どうかしていると思われるようなマスコミの言動を見ていると、マスコミにいる人間のモラルの低さ・非常識さが梅田耕太郎さんの妻を傷つけるのではないか・・それだけが心配です。

Mr.サンデーで新幹線殺傷事件のニュース見てて
アナウンサーが「梅田さんのおかげでたくさんの人の命が助かったと見るか、梅田さんが犯人を刺激したからこんな惨事になった」みたいなこと言っててクソ胸糞悪くなった

小島一朗はなぜ他人を襲ったのか。

小島一朗の経歴について

愛知県一宮市出身の22歳

仕事はしていなかった。

小島一朗が中学2年生のときに転機が訪れる

「学校の授業についていけない」と中学校を不登校になり、病院で「精神的疾患」の診断を受ける。両親(特に父親)しだいに仲が悪くなりる。

夜に父親の寝室に入り、包丁と金づちで威嚇し取っ組み合いをすることもあった。

父親は小島一朗を施設に預けることを決断

小島一朗は自立支援施設に入り5年間暮らす。

定時制の高校を3年で卒業、名古屋市の職業訓練校を1年で卒業する。

自立支援施設では優等生だった。

「定時制の高校は本来4年かかる生徒が多い。それを小島一朗は3年で卒業するほど高校の成績は良かった」

「ごく普通の青年に育ち、立派な社会人として送り出せたとおもっていた」

職業訓練校を1年で卒業する。

そして、機械修理会社に。埼玉の会社や愛媛の会社で働くが、続かなかった。

「コミュニケーション」を理由に退職する。

2016年4月からは愛知県岡崎市の伯父と祖母の家に住むようになる。仕事はせずに引きこもり状態になってしまう。

2017年10月に祖母の養子になる。

2018年1月、「自由に生きたい、旅に出る」と自転車で祖母の家を出ていく。

「場所を言うと探すから 」と行先は告げなかった。

祖母の話では、小島一朗はおとなしい性格。自己否定を繰り返し、人間関係に悩みを持っていた。

東海道新幹線の車内で乗客3人が刃物で切りつけられ死傷した事件で、逮捕された男が「男性に犯行を邪魔されたから逆上してやった」という趣旨の供述をしていることが新たにわかった

私にとって世界一優しい夫だった・・

梅田耕太郎さんの奥さんと両親。遺族のコメントです。

梅田耕太郎さんの妻

  • 悲しみがいえることはない
  • 本当に悔しく無念
  • 私にとって、世界一やさしい夫だった
  • 私の仕事が忙しいときには、自分が忙しくても、ご飯を作り応援してくれた
  • たくさんのやさしさと愛をありがとう
  • 悲しい事件が二度と起こらない社会になることを強く願う

梅田耕太郎さんの両親

  • 胸が張り裂けそうな悲しみと喪失感
  • ただただ涙が流れる
  • 息子の勇気に、心を激しく揺さぶられている

梅田耕太郎さんの通夜は6月15日、葬儀は16日に家族で。