動画、マンガ、雑誌をまずは無料でお試し!【FODプレミアム】

諏佐敦子(京都市)勤務の小学校はどこ?マンション住人のお手柄で逮捕!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

hiseikikoyo

京都市立祥栄小学校に勤務し、非常勤講師をしていた諏佐敦子。

窃盗の疑いで逮捕されました。マンションに住んでいて、同じマンションの宅配ボックスから18万円相当のものを盗みました。

『非常勤講師の給料が安すぎた」からかもしれません。

しかし・・盗んだ相手が悪かった・・

今回は、諏佐敦子(京都市)勤務の小学校の情報とマンション住人のお手柄での理由についてお伝えしていきます。

京都市立祥栄小学校の情報

諏佐敦子逮捕の経緯

2018年3月:同じマンションに住む、男性の宅配ボックスから『18万円相当の高価な靴』を盗む

『盗まれた男性のスマートすぎる対応・・』

⇒購入したはずの靴(イギリスのブランド)とシューキーパーが届かなかった男性は、『その靴をオークションに出している案件』を検索。

⇒自分が買ったものと同じ製造番号の靴を発見!

⇒犯人をつかまえるために、その靴を出品している人から靴以外のものを購入

同じマンションから郵送で商品が届く!

ここで警察に相談。

警察は防犯カメラに映像などで確認し、諏佐敦子容疑者を逮捕。

盗まれた男性、なんかかっこいいですよね!

冷静な判断で『オークションに出される』であろうことを察知したわけです。

非常勤講師の苦悩

諏佐敦子容疑者のとても短絡的な犯行を見ていると、浅はかというより、本当にお金に困っていたんだと思います。

非常勤先生で勤務してしまうと、そこから抜け出して正規の先生になることはとても難しい現実。毎年1年ごとの契約の中で、異動もあるし、仕事量が少ないわけではないので、副業する時間もない。

『学校の先生が足りない』問題と『非常勤講師の給料が安すぎる』問題

『非正規雇用』の犯罪は増えています。

もちろん、諏佐敦子容疑者はやってはいけないことをやったわけですが、憧れの先生になりたくて非常勤で頑張っている方だと考えると、かわいそうな気もします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク