砂の祭典2019鹿児島|駐車場混雑・渋滞回避裏ワザ!料金やアクセス情報も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:danna24:20180503135554j:plain

鹿児島吹上浜でゴールデンウィークのビッグイベントといえば、「砂の祭典」です。遠方から来られる方も多く、鹿児島では一大イベント。混雑や渋滞も気になりますよね。

砂で彫刻を作ってあるのですが、砂像ですね。思うず「すごい!」とうなってしまうこと間違いなし!

スタンプラリーや花火、たくさんのアクティビティなど、子どもから大人まで楽しめるのが砂の祭典の魅力です。

2018年のテーマは「恐竜」! 子どもたちが大喜び(笑)

f:id:danna24:20180504152212j:plain

トリケラトプス! 右がアロサウルス?

今回は、ゴールデンウィークに砂の祭典に家族で出かける方も多いと思いますので、気になるこんなタイトルでお伝えします。

「砂の祭典2019鹿児島|駐車場混雑・渋滞回避裏ワザ!料金やアクセス情報も」

それでは、お伝えしていきます。

砂の祭典鹿児島県吹上浜の場所は?

吹上浜砂の祭典には、新幹線・電車では直接行けません。車かバスで行く必要があります。

メイン会場

『南さつま市金峰町高橋 砂丘の杜きんぽう』

〒899-3404 南さつま市金峰町高橋3075-4

サテライト会場

『鹿児島県立 吹上浜海浜公園』

〒897-1123 南さつま市加世田高橋1936-2

☆カーナビ検索は、グリーンドーム金峰がおすすめです!

所要時間

鹿児島中央駅から40分~50分

鹿児島空港から70分

☆ゴールデンウィーク期間は、時間帯によって激しい渋滞・会場内の混雑が予想されます。

時間には十分余裕を持って、おでかけくださいね!

駐車場

会場周辺に第1~第5駐車場があります。警備員が誘導してくれるので、それに従えばOKです。

ただ、ゴールデンウィーク期間中は離れた駐車場(第4、第5駐車場)に車を停めないといけない可能性が高いです。そのときは、無料のシャトルバスが運行していますのでそれに乗ります。

混雑時は、無料のシャトルバスに乗るのに、1時間待ちもざら。

覚悟がいりますね・・

~ゴールデンウィークに行くなら、バスも検討した方がいいかも!~

5月3日から6日だけの運行ですが、鹿児島中央駅から吹上浜2018砂の祭典までバスがでています。

乗り場は鹿児島中央駅(東口)16番のりば

所要時間は70分ぐらい。時間帯にもよりますが、1時間に1本ぐらいの間隔で運行しています。繰り返しになりますが、バスはゴールデンウィーク期間中だけ。

それ以外の時期に吹上浜に行くには、車がいります。新幹線なら鹿児島中央駅から、飛行機なら鹿児島空港からレンタカーが必要です。レンタカーを借りるなら、比較サイトが安いし便利です。

鹿児島のレンタカー30社比較・予約!

1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー 0 - 砂の祭典2019鹿児島|駐車場混雑・渋滞回避裏ワザ!料金やアクセス情報も

f:id:danna24:20180504152247j:plain

2018年の西郷どん!

砂の祭典鹿児島の料金・前売り券は?

5月3日スタートの砂の祭典。前売り券は5月2日までの販売です。

5月3日からは、当日券しかありません。

ゴールデンステージ

前売り券

大人700円、小中学生400円、小学生未満は無料

当日券

大人1,000円、小中学生500円、小学生未満は無料

セカンドステージ

前売り券

販売なし

当日券

大人500円、小中学生300円、小学生未満は無料

前売り券を打っている所

コンビニが便利です(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート)

WEB購入もできます(ローソンチケット、チケットぴあ、イープラス)

砂の祭典鹿児島の花火情報!

まず気をつけていただきたいのは、花火はゴールデンウィーク期間中だけのイベントです。ゴールデンウィーク後は花火はありません。

5月3日~6日のみ実施。

19:45~

花火のイベントは、「音と光のファンタジー」といいます。

ライトアップされた砂の像。音楽もすばらしく、大迫力のショーです。小さいお子さんがいると難しいかもしれませんが、ぜひおすすめしたいです。すごくきれいですよ!

f:id:danna24:20180504152321j:plain

2018年5月3日 この位置が場所とりなしのベストスポット!混雑・渋滞をさけられるベストです。

砂の祭典駐車場混雑・渋滞回避&花火場所取りなし裏ワザ!!

砂の祭典は、下手をすると、鹿児島市内から3時間。

駐車場に停めてから、会場内に入るまで1時間。

何も考えなしに砂の祭典に行くと、後悔します。

私の渋滞回避&花火場所取りなし裏ワザを教えますね!

1.イベントの時間を調べる。

「子供向けのじゃんけんイベント」みたいなの16:00にあるのがベスト。その時間ちょっとすぎたぐらいに砂の祭典に着くようにいきます。混むことはないし、駐車場も一番近いところに停められます。

☆16時すぎにつけば十分です。早い時間から行く必要ない。

花火までの時間で、砂の像満喫して、子どもにスタンプラリーさせて、アクティビティで作って楽しんで、出店で食事できます。

早い時間に行くと・・混むだけでなく、照り返しがきついんです。砂浜だから。

サングラス必須。というか、混むし、早い時間に行く必要が全くないイベントです。

2.花火は、上記の写真の場所がベスト。場所取り必要なし。花火が始まる直前でもOK.

なぜなら、「みんなが通路だと思っているから」です。だれもそこにいない。そして、花火が終わったらすぐ帰れる!!

花火は15分ぐらいです。立ち見で充分。花火が終わった瞬間に、子どもの手を連れて、駐車場へ早歩き。これだけで、スイスイ帰れちゃいます!

砂の祭典まとめ

「砂の祭典2019鹿児島|駐車場混雑・渋滞回避裏ワザ!料金やアクセス情報も」ということでお伝えしました。いかがだったでしょうか?

砂の祭典は本当に鹿児島ではビッグイベントですし、全国的な知名度も上がってきています。混雑や渋滞に加えて、天気も心配ではありますが、時間的に余裕を持って、家族で楽しんでください。