加藤将太の次世代起業家セミナーで副業から始めよう

加藤将太の次世代起業家セミナー評判と副業の始め方

小林遼、練炭七輪で自殺間近の逮捕だった!女児は車内でやったと自供

スポンサーリンク

f:id:danna24:20180516173710j:plain

 

 

新潟市の幼女殺害事件。小学2年生の大桃珠生さんを連れさり、首をしめて殺したあと、電車にひかせた小林遼容疑者。

 

その小林遼容疑者の車から「練炭と七輪」が見つかったとう報道がありました。

『車+練炭と七輪』といえば『自殺セット』

小林遼容疑者は自殺するつもりだったんでしょうか?

 

小林遼は自殺間近だったと推測できる理由

 

事件を簡単に時系列でまとめます。

 

5月7日15時すぎ

下校中の大桃珠生さんが友人と別れ、1人になったあとに連れ去られる。

大桃さんが1人で歩く姿が目撃されていて、住宅街はほとんど人通りもないような通り。防犯カメラを設置している家もなかった。

 

大桃さんはランドセルとピンクのかさを持っていた。ほとんどの児童がランドセルに付けている防犯ブザーはついていなかった。(大桃さんはもともと防犯ブザーをつけていなかったようです)

 

5月7日10時半ごろ

小林遼容疑者の自宅から70メートルぐらいの線路で、列車にひかれた大桃さんの遺体が見つかる。ランドセルやくつが近くに。ピンクの傘はなかった。

 

5月8日

大きなニュースになる。

警察は、4月に女子中学生を連れまわし書類送検していた小林遼容疑者の関与を事件翌日の8日には疑っていた。

 

小林遼容疑者は、5月7日から会社を欠勤。8日には警察から会社に電話が入っている。

 

5月14日

小林遼容疑者が近くの道の駅で車の中にいるところを、3台の警察車両で取り囲み、身柄を確保。

☆この逮捕までの1週間の間に「練炭と七輪」を買った?

 

 

小林遼容疑者は、逮捕時に顔を一切隠していませんでした。今も隠していません。

にやけていたり、片目を開いた写真が、一斉に流れました。

 

自宅近くの線路に死体を遺棄するという異常すぎる行動と不気味な笑みや片目写真。

その様子に、「まともじゃない」、「なんで笑えるんだ」と小林遼容疑者に「サイコ」的な異常さを感じた人も多かったと思います。

 

ただ、練炭と七輪が見つかったことで、ただの異常者ではないのではないのかもしれない・・という見方もできる可能性が出てきました。

 

大桃さんを連れ去り、死体を線路に遺棄するまでの7時間

もしかしたら、首を絞めて殺してしまった後に激しい後悔と絶望に襲われたのではないか。

そして自分も死ぬことを決意していたのではないか・・そう思います。

そして、一旦は自宅近くの線路を「死に場所」に選んだ。

 

そう考えれば、「自宅近くの線路に自分が殺した女の子の死体を遺棄する」理由になります。

 

今のところ「死体を隠すために線路に置いた」と供述しているようですが、本当は「自分も一緒に死ぬつもりだったんじゃないか」

 

激しい後悔と人生への絶望感で自殺するつもりだったから、「ありえない場所」に大桃さんを遺棄したんじゃないかって思います。

 

 

ただ、死にきれなかった。

 

だから、練炭と七輪を購入しタイミングを計っていた。

 

大桃さんが殺され、電車にひかれてから1週間経っての小林遼容疑者の逮捕。

もしもう少し逮捕が遅ければ、「容疑者が自殺」という取り返しのつかないことになっていた可能性もあります。

本当に紙一重のところで、警察が非難されることになっていたのかも知れません。

 

 

大桃珠生さんは車内でやったと自供

小林遼容疑者が、「車の中でやった」と自供したとの報道がありました。

 

大桃さんを連れ去ったのが、午後3時すぎ。それから夕方までに殺害されたのではないかと警察は考えているようです。

 

小林遼容疑者が線路に遺体をおき、ランドセルを捨てたのが午後10時30分前ごろです。

 

大桃さんを殺害したとみられる夕方の時間から線路に遺体を遺棄するまで、どこで何をしていたのでしょうか。

 

私はやはり「死に場所」を探していたのではないかとおもいます。

最終的に選んだのが、「自宅近くの線路で電車にひかれる」という選択。

 

でも、死にきれずに練炭や七輪を買って自殺の準備をしていた。

90%割引も!ありえない価格の楽天裏ワザ購入法