加藤将太の次世代起業家セミナーで副業から始めよう

加藤将太の次世代起業家セミナー評判と副業の始め方

発達障害でニート生活。ニートを脱出する方法(人と会わないからストレスなし)

スポンサーリンク

f:id:danna24:20180421183827j:plain

 

 

ASD自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群)、ADHD、学習障害(LD)という言葉が一般的に知られ、発達障害者を支援しようという動きも活発になってきています。

 

障害者雇用促進法により、2018年4月から障害者の雇用率を2.0%⇒2.2%に引き上げられるなど国を挙げての支援も活発です。

 

発達障害者を支援する自立支援事業も補助金がでることもあり、儲けやすいイメージから増えてはいます。ただ、儲け主義での運営だと「虐待」などにつながりやすく、問題も多発しています。

 

下記は神戸市の事業所が、首に「私はうそつき」というカードをぶらさげさせたというニュースです。


こうい問題もあり、発達障害者にとって生きにくさの問題は簡単には解決できそうになありません。

 

発達障害が原因でニートのような生活になってしまう人も少なくなく、一度ニート生活に入ってしまうと簡単に抜け出すことができないという問題も深刻化しています。

 

発達障害は、大人になってからの改善は難しいとも言われています。病院に行ってもほとんど効果がなく、働きたくてもストレスフルな会社になじめない。

 

ストレスを我慢して働いても、カラダに無理が来る。そして仕事を辞めざるをえなくなり、自信を喪失して、またニート生活にもどってしまう。

 

発達障害者がニート生活を脱出する方法

 

発達障害者が仕事をするときに、一番のハードルになるのが、「コミュニケーション」です。空気を読み、その場に応じた会話をする。健常者にとって当たり前のあいさつが難しい。

 

あとは、「時間内にできない」、「すぐに忘れる」、「順序よくできない」、「変化に対応できない」などの問題があります。

 

これら全てを完全に除去したような仕事が理想なのですが、それがあれば苦労しませんよね・・・

 

ただ、限りなく理想と言える仕事ならあります。それは「インターネットを使ってお金を生む」仕事です。

 

副業が解禁され、いわゆる「ネットビジネス」が盛んですが、この「ネットビジネス」こそが発達障害(アスペルガー症候群(ASD)やADHD、LD)などで苦しむ人たちの生きるべき場所だと言えます。

 

なぜかというと、まずコミュニケーションをとる必要がありません。

仕事はインターネット環境があればできます。また、「自分のペースでできる」ことも大きなメリットです。

さらに、複雑なことをする必要がありません。単純作業の繰り返しです。

 

例えば、この文章1つとってもそうですね。時間の制約はありませんし、自分の想いを文章にするだけです。その繰り返しです。

 

勉強は必要です。ある程度の知識をしっかりみにつけていないと、効率も悪いですし、何よりネットビジネスにはワナがたくさんあります。

 

「発達障害者がニート生活から脱出するために、就職活動をする。」

そのストレスに耐えられなくなったら、インターネットでお金を得る方法について学んでください。

 

ただ、やってはいけないのが、「インターネット 稼ぐ方法」などで検索することです。

なぜならその検索結果ででてきた記事は90%以上が「発達障害者からお金をとるためのページ」だからです。

 

このことについては、分かっているつもりでも、騙されてしまう人が多いんです。本当に充分に気を付けてください。

 

騙しのテクニックは、この記事で詳しく書いています。


インターネットを使ってお金を稼ぐのも立派な仕事です。

 

仕事をするうえで、最初にやるべきは「学ぶ」ことですよね。

『学ぶ』ことを抜きに、『ノウハウ』に行かないようにしてください。

 

もし、あなたが発達障害者でニートのような状態で、就職するのが難しいのなら、

インターネットを使った起業が基礎から学べるこちらを見てみてください。

 

『加藤将太の次世代起業家育成セミナー』

 

無料でインターネット起業が基礎から学べます。

 

起業だけでなく、幸せな人生をおくるための動画も豊富に用意されていますので、それらも合わせてみることで、『希望』が湧いてくるはずです。

 
 

『発達障害があっても、インターネットなら経済的に成功することはできる』

そのことを知っているか知らないかだけの違いです。

自力で人生を大きく変えることができます。

90%割引も!ありえない価格の楽天裏ワザ購入法