加藤将太の次世代起業家セミナーで副業から始めよう

加藤将太の次世代起業家セミナー評判と副業の始め方

アメフト廃部から日大崩壊が始まる!内田正人監督の謝罪どころではない

スポンサーリンク

syazai



 

 

 

春のアメフトオープン戦で桜美林大学も日大と試合をしないことを決定しました。

これで、春のオープン戦は残り全試合中止が決定。

 

さらに、関東学生連盟の日大以外の15チームは、関東学生連盟に第三者委員会を設置し、事件の真相を究明するよう求めています。

 

 

日大アメフト部廃部と日大崩壊が現実味を帯びてきた

 

 

日大アメフト部のシナリオ

 

関学大の「怒りの謝罪要求」会見。

その会見を受けて、日大側がようやく、本当にようやく動くようです。

内田正人監督含む何人かで「近いうちに謝罪にいく」とのコメントを出しました。

 

しかし、もう内田正人監督が謝罪で済むような問題ではなくなっているのは明白です。

 

まず、日大アメフト部は廃部、もしくは長期休部は避けられない状況です。

廃部を免れたとしても、内田正人の罪深さ・国民からの嫌われ度は、「超一級」

国民のほぼすべてを敵に回してしまいました。

 

日大アメフト部の評判は、完全に「ダークサイド」に落ちたといえます。

 

「ほとぼり」が覚めるのにも最低3年以上の時間はかかりそうです。

たとえほとぼりが冷めても、内田正人という超一級の嫌われ者が表舞台にでてくることは許されないでしょう。

 

 

 日大崩壊シナリオ

 

日大にとって、一番避けなければならないのは受験生離れが起きることです。

 

内田正人監督含め日大の「あまりの読みの甘さ」が、今回の騒動の原因にもなりました。

この読みの甘さ・楽観的な思考で受験期を迎えたら、日大は悲惨な状況になるでしょう。

 

日大は地方出身の学生が多い大学でもあります。地元で受験ができるメリットは地方の学生にはありがたいんですね。

 

だから、第1志望としてではなくても、日大を「気軽に受ける」のが地方の学生です。

 

今回の日大アメフト問題は、あまりにも印象が悪いですよね。

学生本人が日大を受けたいと思ったとしても、親や親せきなど誰かしらが反対するでしょう。

 

受験生が日大から離れる理由は、悪質なプレーよりも内田正人の不誠実さです。

「悪いことをしたらあやまる」人として超基本的なこと。それができない人間が幹部をしている大学に行きたいでしょうか?

 

学生側にとって、日大にこだわる必要が全くありません。

今回のことで、「ポン大」という日大を揶揄するような呼称も復活するでしょうし、わざわざそんな大学を受験する理由がなくなります。

 

日大のいいところ・・・と言われて何か浮かぶでしょうか?

 

少子化の中、経営も厳しい大学も多いです。特に地方の私立大学は存続問題を抱えている大学がたくさんあります。

 

そういう背景を考えても、日大はアメフト部廃部から一気に崩壊していくのかもしれないですね。

 

 

日大を救えるのは内田正人なのか?

 

 

そういう意味では、ダークサイドに堕ちていく日大を救うことができる可能性があるのは、「相手のクオーターバックを壊してこい」でアメフト問題を引き起こした張本人、内田正人の誠意ある対応・謝罪。

 

内田正人がウルトラCを見せることができるのか。

世間を納得させるような対応・コメント・謝罪ができるのか。

 

おそらく、誰も内田正人にそのような能力(しばい含む)があるとは思っていないですし、「独裁」と「責任逃れ」の残念な初老のじいさんだとしか思われていない。

 

その状況をひっくり返す会見ができるか?

 

内田正人の謝罪会見・誠意ある対応に、日大の運命がかかっています。

 

 

最新!!奥野耕世選手の父親が内田監督に苦言!

 

www.036izu.net

 

 

 

 

 

 

小さいお子さんがいる方に読まれている記事です。

内田正人含めて、「先生」を信用できない時代ですね・・

www.036izu.net

90%割引も!ありえない価格の楽天裏ワザ購入法