加藤将太の次世代起業家セミナーで副業から始めよう

加藤将太の次世代起業家セミナー評判と副業の始め方

奥野耕世(こうせい)選手腰の靱帯損傷。宮川泰介の日大アメフト部謝罪しない理由

スポンサーリンク

f:id:danna24:20180516023112j:plain

 

 

日本大学アメフト部。関学大との定期戦で宮川泰介選手が、あいりえないラフプレーを連発し、大変な問題になっています。

 

 

 6日の試合で、日大の守備選手は関学大攻撃の1プレー目、関学大のクオーターバック(QB)がパスを投げ終えた約2秒後に背後からタックル。QBはそのプレーで負傷退場した。日大の守備選手はその後のプレーでも不必要な乱暴行為を続け、5プレー目で退場処分となった。 

 

 

背後からのありえないタックル。 20秒の動画です。

 

これは何度見てもひどいですね・・

真後ろから、まともにタックルが入っています。

 

このタックルをしたのが「宮川泰介」です。

 

 関東学生アメリカンフットボール連盟は、対外試合の禁止を発表。

宮川泰介はアメフト部を辞めるしかないでしょうね。

 

 

 

 

それにしても、 ガタイいいですよね。アメフトの19歳以下日本代表です。

 

こんな『きんにくマン』に後ろから突然タックルされたら、大変な大ケガするでしょうね・・

 

しかもこの宮川くん驚くべきことに・・・

この殺人タックルのあとも、全くプレーと関係のないラフプレーを退場処分になるまで続けたって言うんです。

 

驚きの神経の持ち主です。

大学生とはいえ、もう20歳。

人として・・ちょっともう厳しいですね。

 

そして、さらに驚くのが・・

宮川泰介が退場になったときに、他の日大選手たちは宮川を「慰めていた」そうです。

 

日大アメリカンフットボール部。集団心理の怖さを感じます。

 

アメフトやラグビーのようなスポーツは、ある程度の人格が前提となっているスポーツですもんね。その前提が崩れたらスポーツにならないですし。

 

 

タックルされた、関西学院大学のQB奥野耕世選手は、「腰の靱帯損傷」の大けが。

ケガもですが、ショックでしょうね。突然ありえないタイミングでうしろからタックルされるわけですから。

 

宮川泰介にアメフトの指導をしている、日大アメフト部の監督が内田正人です。

その内田のコメントがこちら。

 

関学戦後の内田監督のコメント

力がないから厳しくプレッシャーをかけている。

待ちでなく、攻めて戦わないと。選手も必死。

あれぐらいやっていかないと勝てない。

やらせている私の責任。 

 

これが日大アメフト部指導者のコメントです。

 

このコメントが炎上したのは言うまでもないですが、その後の内田監督。

驚くべきことに・・

「雲隠れ中」です。

 

内田監督の不在理由について、「ノーコメント」と意味不明な日大ヘッドコーチのコメント。

 

もしかしたら、「余計なことを言わないように・・」っていうことで、日大の指示で雲隠れ中なのかもしれませんね。

 

 

内田監督はこちらです。

 

 

もともと評判がいいとは言えない監督。

去年は、部員が一度に一斉に退部するなどの事件も起きています。

 

独裁的な指導をする時代錯誤のスポーツ指導者ということなんでしょうね。

未だにこういう昭和型のかんちがい監督が存在しているものなんですね。

 

謝罪をしない日大。ツイッター荒れ放題へ

 

それにしても、なぜ未だに謝罪の1つもしないのでしょう。

関学大の方も謝罪を要求していますし、そもそも謝罪を要求されなくても、ありえないラフプレーでケガを負わせているわけですからね。謝罪しなきゃ何も始まりません。

 

日大の内田正人監督とその他関係者は、何のタイミングを待っているのか不思議です。

遅らせれば遅らせるほど、状況が悪化しそうな気もします。

 

ツイッター では、早々に宮川泰介の画像や経歴が拡散されていました。

コメントもかなり厳しいものが目立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 厳しい意見が多い・・・

一刻も早い、内田正人監督や日大関係者の誠意ある対応が求められます。

 

 

 

最新!奥野耕世選手の父親が内田監督へ苦言!

www.036izu.net

 

 

 

 

 

 

日大の崩壊が気になる方に読まれている記事です。

www.036izu.net

 

 

www.036izu.net

90%割引も!ありえない価格の楽天裏ワザ購入法