加藤将太の次世代起業家セミナーで副業から始めよう

加藤将太の次世代起業家セミナー評判と副業の始め方

北朝鮮の非核化で「金正恩に騙されてる」って本気ですか?政治家に騙されてません?

スポンサーリンク

f:id:danna24:20180423175219j:plain

(コリアメディア提供・共同)

 

北朝鮮の非核化に向けての具体策が明らかになってきました。

 

アメリカのウォールストリートジャーナルが報じた内容によると、トランプ大統領の特使にたいして、「非核化までは何年もかかる可能性がある段階的な措置に合意するよう要請」したとのことです。

 

いつもの繰り返しですね。少しずつ核放棄をするフリをして、経済制裁を解いてもらう北朝鮮の戦略です。国民の不満もそうとう溜まっているはず。まだ戦争をできるような状況ではないことの現れでもあります。

 

時間かせぎをしながら、核開発と戦争ができる準備を進めるつもりだと思います。

 

北朝鮮が表と裏の顔を使い分けることができるのは、ロシアの協力のおかげですよね。シリア問題でアメリカとロシアの関係が冷え込む中、表向きには核放棄を掲げながら、核開発を続ける。

 

完全にロシアの戦略ですよね。もしかしたら中国もその密談の中に入っているのかもしれません。

f:id:danna24:20180423180444j:plain

「騙されるフリ」で先延ばし。政治家には1つの視点しかない

 

政治家にとって最も大切な問題とはなんでしょうか?

一言で言うと「損得」ではないでしょうか。

自分自身の損得です。その次に自国の損得。

 

損得を考えたときに、北朝鮮に「騙されるフリ」をする理由がよく分かります。それが一番「得」だからですよね。

 

北朝鮮を追い込んで戦争をする「得」は誰にも、どの国にもないです。世界大戦に発展する可能性も大きいですよね。アメリカ、中国、ロシア、韓国、日本を巻き込み誰も得をしない戦争。

 

北朝鮮には資源もほぼない。シリアを含む中東で覇権を争うのとは全く異なります。

 

ホリエモンじゃないけど、北朝鮮ともめて、まさに「誰得?」です。

 

当事者の政治家ではない人たちやマスコミは、「騙されるな」の大合唱です。

正論を言います。だって自分が関わるわけではないですからね。

 

この構図はいつも同じです。いつだって政治家は自分の利益に関係ない問題は、「先延ばし」にするのが当たり前です。自分の利益とは「選挙」です。

 

先延ばしにしながら、どうしょうもなくなったら、しぶしぶ対応する。

それが政治の本質ではないでしょうか?

ほとんどの場合は手遅れになってからの対応。

 

例えば、やっと本腰を入れ始めた働き方改革。要は「副業しましょう、老後の年金は国が保障するのは無理だから、自分でなんとかしてね」ってことですよね。

 

保育園が足りない問題も、介護離職も、ほとんど手つかず。

もちろん対応策がゼロではないですけど、選挙に直接関係ないことを本気でやるはずかない。

 

北朝鮮が素直に核を放棄するなんて、政治家だけでなく、今時小学生でも誰も信じてはいません。「北朝鮮にだまされるな」ってみんなよく分かっている。

 

政治家は一応、「過去の過ちは繰り返すつもりはない」とか「注視していく」とか発言はします。そしていつもの先延ばしです。今までの政治家もそうだったし、これからもみんなそうです。

 

アメリカも北朝鮮もロシアも中国も、もちろんみんなそれが分かっている。

 

瀬戸際なのは北朝鮮ではなく、日本

 

ロシア(もしかしたら中国も)がついている北朝鮮。これからも核開発は続けるのは間違いないです。

 

それに対して、アメリカは何もできない状況は変わらない。できるのなら、とっくに動いている。できないから、先延ばしにするしかない。

 

日本はアメリカにつきあって、先延ばしにするしかない・・

 

日本の政治家に、自分の損得ではなく、日本の損得を考えたリーダー的政治家が表れて行動してくれることはないのでしょうか?

 

先延ばしにせずに本当の意味での「断固」という言葉を使える政治家は現れることはないのか?

 

他の問題と同じくこの北朝鮮問題まで手遅れにすれば、10年後に日本は北朝鮮の属国になっているのかもしれないです。

 

 

こちらの記事も人気です。

www.036izu.net

90%割引も!ありえない価格の楽天裏ワザ購入法