加藤将太の次世代起業家セミナーで副業から始めよう

加藤将太の次世代起業家セミナー評判と副業の始め方

ダッシュ村のコメ作りはどうなる?山口離脱後注目の5.13放送!

スポンサーリンク

f:id:danna24:20180513214759j:plain

 

 

山口達也が脱退したあと、とにかく気になっていたのが『福島での米づくり』

 

18年間、ダッシュ村のメンバーと共に福島でコメ作りをしてきた人たちの想いはどうなのか。

 

山口達也が脱退したことについて、リーダー城島は18年間ともに米作りをしてきた福島の『仲間』に何を語るのか。

 

そこに注目して、5月13日の放送を心待ちにしていました。

ダッシュ村5月13日の内容、これからの福島での米作りがどうなるのかについて、今回はお伝えします。

 

 


DASH村の苗・米作りの行方は?

 

5月13日の放送内で、米作りの話題が出てきたのは、「一番最後」でした。

突然画面が暗くなり、テロップが流れます。

 

 

番組を見てくださっている皆様に実際の様子をそのままお伝えするため、あえてカメラをまわしていた映像を放送します。 

 

ドキドキしながら、テレビ画面を見ていると・・・

 

城島と国分のTOKIOの2人と番組の担当プロデューサーが神妙な顔つきで会議をしている様子が映し出されます。

 

会議の内容は・・『これから米作りをどうするのか』

 

番組担当のプロデューサーによると、苗作りのリミットがある。

5月半ばには、田んぼの水やりなどを始めなければならない・・

 

つまり、『米作りをどうするか、検討するような時間はない』と。

 

今すぐにでも、18年やってきた米作りを今後どうするのか。

結論を出さなければならない。

 

 

 

それに対して、城島・国分の2人(憔悴した表情)が沈黙を破らないといけない義務感を感じたかのように、それぞれ意見を言います。

 

城島

「テレビとかDASH村を越えた部分があるし、オンエアしてなんぼの世界・・でも、つなげるっていう部分では苗に罪はないと思う」

 

・・・・

 

はっきり言って、「何を言っているのか分からない」

おそらく自分ででもわかっていない・・

 

整理がつかない。そういう状況。言葉を出させることが残酷にも思える。

城島、実際のところは、「どうしていいか分からない」ということなんだと。

 

 

国分

「(苗植えのタイムリミットの話を聞いて) 僕らがそれに向けて動くのは違う気がする・・・」

 

かなり熟考してからの、この国分の発言。

 

言葉を必死に探して、選んで使っていることが伝わってきました。

国分にしたって、「どうしたらいいか・・」という状況だったんだと思います。

 

 

 

 

その後、画面が変わります。

城島が一人で福島に向かっていました。

 

米作りの『仲間』である村人たちが一堂に介していました。

縁側にいる城島は、頭を垂れて、目を合わせることができない・・

 

明らかに泣いている、城島。

 

村人は「まだまだだよ、これからだ、震災も乗り越えた」と。

 

・・こちらも泣いていました。

 

 

 

ここで、番組終了。

来週以降ですね、はっきりしてくると思います。

 

続報を待ちたいと思います。

 

 

山口達也関連の2記事です。

 

90%割引も!ありえない価格の楽天裏ワザ購入法