加藤将太の次世代起業家セミナーで副業から始めよう

加藤将太の次世代起業家セミナー評判と副業の始め方

米朝シンガポール首脳会談!ワールドカップ直前に何を語る?注目はトランプの〇〇!

スポンサーリンク

f:id:danna24:20180511015534j:plain

 

 

トランプ大統領と金正恩の米朝首脳会談が発表されました。

6月12日にシンガポールです。史上初のアメリカと北朝鮮の首脳会談はワールドカップ直前のタイミング。全世界がシンガポールに注目することになります。

 

先日の韓国と北朝鮮との会談で「完全な非核化」を明記したわけですが、それからとんとん拍子でアメリカ大統領との会談まで決まりましたね。

 

去年までの、「のらりくらりミサイル発射作戦」を考えるとこのあまりのスピード感のギャップ。金正恩もけっこう露骨ですよね。そう思われませんか?

 

個人的には、以前こちらにも書いたんですけど、


「北朝鮮の思惑の上」であえて踊る「韓国やアメリカや中国」の構図は変わらないと思います。

 

どういうことかっていうと、

誰も北朝鮮を信用していないし、非核なんかするわけないってわかっている。ってことです。要は北朝鮮の「時間稼ぎ」にすぎない。

それを関係国全てが分かっている状況なんですね。

 

金正恩にとって、核の開発は人生のミッション。

断念するはずがない。それを変えるはずがない。

 

ただ核の開発にはどうしてもまだ時間がいる。完成させるのにお金もいる。

国内は経済制裁で困窮。今のままでは自国の核がアメリカに対抗できる兵器として完成するまで国民の不満をそらすことができない。

 

金正恩にはどうしても時間がいるわけです。

そして「時間稼ぎ」として、「非核化」というりんごをぶらさげだしたんですね。

北朝鮮がやることは、本質は何も変わらない。

 

ロシア・プーチンという後ろ盾もいるし、何よりアメリカが手を出せないことがよく分かっているからですよね。

 

つまり、プーチンとの密約で後ろ盾確約(たぶんシリアのアサドも)をもらっている金正恩が、「核の放棄」という切り札を出して、とりあえずの時間稼ぎ。

 

という構図じゃないかなって思います。

 

アメリカトランプ大統領は何を語る?

 

北朝鮮の崩壊・・これが最悪のシナリオなのは共通認識。

アメリカも中国も韓国も日本も、それだけは避けたい。

 

もし北朝鮮が崩壊するようなことがあれば、悲惨な第三次世界大戦につながりかねない。そんなリスクを冒すような資源も価値も北朝鮮にはありません。

 

だから、今は北朝鮮に「騙されたフリ」をして、シンガポールでテーブルに着く。

そういうことなんでしょうね。

 

 

 

ただ、期待したいのはトランプ大統領が「他と違う」大統領だという部分です。

普通の指導者なら(今までの指導者がみんなそうであったように・・)、ことなかれ主義で、問題の解決を先のばしにしますよね。

 

実際そうするしかなかったわけですからね。クリントンもオバマも・・・

 

ドナルド・トランプだけは、何をするか分からない部分があるじゃないですか。

そう思いたいって部分も強いんですけど、個人的には、トランプの個性に期待したい。

 

シンガポールの席で、金正恩に本音をぶちまけてほしい。今のどうしょうもない状況を打破してほしい。そう思います。

 

注目は、やはりトランプの「Twitter」ですね。

シンガポール会談の6.12までに何をつぶやくのか。

 

そこに注目していくと、

6.12シンガポール会談が、

「歴史的な会談として後世語り継がれる会談」になるのか。

それとも、「クリントンと同じ轍をふんだ」と言われるような会談になるのか。

 

トランプの「Twitter」に注目していくと、シンガポール会談を予測できるんじゃないかって考えています。

 

 

www.036izu.net

90%割引も!ありえない価格の楽天裏ワザ購入法