加藤将太の次世代起業家セミナーで副業から始めよう

加藤将太の次世代起業家セミナー評判と副業の始め方

会社員ではなく起業を選択する学生が成功するために必要な唯一の法則とは?

スポンサーリンク

f:id:danna24:20180321065243j:plain

 

大学出てサラリーマンになることに魅力を感じない学生

 

「大学生がサラリーマンになる人生に魅力を感じれなくなり、続々と中退し起業している。」

今年の正月の日経新聞の記事です。

 

高いお金をかけ続けて塾で勉強し、ようやく大学までたどりつきながら、中退してしまう。・・そういう学生が多いそうです。

 

親の立場からすれば、泣きたくなることなんだけど・・・

 

ただ、親の世代は大学出てサラリーマンになることがリスクのない生き方だったんですよね。

だから、その価値観が正解だと思っているし、大学をやめることを理解できない。

学歴も高卒になり、どんだけリスクがあるのか・・って心配してしまう。

 

でも、今の時代は、

 

就職してサラリーマンになることこそが、一番リスクが大きい生き方になってくるんじゃないか?

 

そこに多くの若者が気づき始めていて・・

急速にその考えが広まっているんですよね。

 

または、リスクがどうこうの考えより、とにかく自分らしく生きたい、サラリーマンなんかしたくないって学生も「中退予備群」としてかなりの数がいますよね。

 

これだけインターネットが発達し、いくらでも情報を手にいれられるからサラリーマンのデメリットも知ってしまう。

 

サラリーマンになることのリスク・・機会の損失や成長の遅さ、何より「安定」なんてものは就職した先には絶対にない・・そういうことに気づきだしている。

 

大企業や多くの銀行がこの先消えていくことも、学生たちは知ってしまっている・・

 

「需要」が満たされた時代に、方向転換が簡単にできない大企業がますます不利な時代になっていくことまで分かっている。

 

そうなるともう、サラリーマンになることになんの魅力も感じない。

歳を取ってるだけで偉そうに接してくるおじさんの機嫌をとるのもいやだし、ってなると起業したくなるわけですよね・・

 

学歴がほとんんど意味を持たなくなってきた時代の流れに沿って、【高卒、大学中退】を選ぶ大学生が増えるのは、当然の流れと言えるわけです。

 

『就職して、歳をとればとるほど起業するリスクがあがるし、若い時にチャレンジすれば経験も積める。何より、自分らしい人生を送れる可能性が高まる』

 

私は超氷河期と言われた就職難の時代に、情報もなかったし、就職以外の道を考える余裕もなかったんですが、今の学生は多くの情報がある中で自分にあった選択ができる権利があります。

 

 

好きなことで起業する前に学ぶべきことは?

 

堀江貴文を代表とする大学生起業家。最近でも、松原脩平や黒崎賢一など華々しい経歴の中退起業家がどんどん生まれてきていますよね。

 

「よし、自分も起業するぞ!」という心意気はかっこいいし、個人的に好き(笑)

 

大学生の方が大人より、思考がやわらかいし、行動力もある人が多い。

受身人生を続けたサラリーマンをやっている大人に比べれば、フットワークもめちゃめちゃ軽い。動きがいい。

 

それに、若者の一番の武器は謙虚さ。これは圧倒的に大人より有利。

 

昭和型サラリーマン人生を生きる大人は、「プライド」だけは持っているから、歳をとればとるほど人の意見を聴けないし、会社の名前や肩書きで人を判断する。

 

そんなだから、会社をやめては生きていけない「厳しい」ことになっていく人が多いですよね。実際のサラリーマンには、自分で考えることを拒否し、会社に依存する人生を決め込んでいる人も少なくないです。

 

ただ、学生の起業はリスクが大きい。準備が足りないと大やけどをしてしまいます。

 

「準備」といっても、事業の知識のことだけではないです。社会人としての常識含む、知らなきゃならないこと全てまとめての「知識」を補う作業が大切です。

 

「好きなことやって生きていく」で起業するのは素晴らしいが、起業すればビジネスで関わる相手は 「大人」であることを忘れてはいけないです。

 

経験がないのは仕方ないし、ビジネススキルもこれから身につけていけばいいが、

この「社会人知識」だけはある程度もった状態で起業しビジネスの世界にはいっていかないと。

 

「好きなことで起業」で、その好きなことだけ見て起業すると、思わぬことでつまずいたり、後悔したりしたときに、立ち直り方がわからないことになる。

 

また、最悪の場合、騙される危険性もある。

 

そうなれば、せっかくの起業・チャレンジ精神も周りから全否定されることにもなりかねないです。

 

 

起業を学ぶ方法

 

まずは読書。ジャンルを問わずにインプットする。

 

ただ、本から学べるものは普遍的なもの。最新の情報にも常に触れるようにこころがける。

 

読書によって「本質」を学ぶ。そしてその読書をベースにした「最新」の起業は、専門の人から学ぶ。

 

私は、その「最新」起業を学ぶのに、加藤将太の次世代起業家セミナーをオススメしています。

 

加藤将太じゃなくても、その人自身が「最新の手法で成功している」、「自分が成功するだけでなく人に教えるのがうまい」

最低でもこの2つの条件をクリアしている人から学ぶようにできればいいですよね。

 

しっかり基礎から時間をかけて学び、学びながら自分のやりたい事業計画をしっかりたて、起業と同時に「最速」で成功に向かって突っ走る方法が一番です。

 

加藤将太の次世代起業家セミナー

私がおススメの加藤将太がやっている「次世代起業家育成セミナー」は、最初の2か月弱が無料です。

その2か月の間に気に入れば【1か月に3万円ずつ】支払って納得いくまで学ぶ形がとれます。また、1か月単位でいつでもやめられるのもメリット。

無料期間でやめてもいいし、最初の1か月でやめてもいいし。

もちろん1年は続くので、1年間ずっと学んでもいいです。

 

大学やMBAでも学べない、最新の成功法則を学べますよ。

まずは無料のセミナー動画をみてみてくださいね。 

https://jisedai.me/alpcr/?a10=OAimS

90%割引も!ありえない価格の楽天裏ワザ購入法