加藤将太の次世代起業家セミナーで副業から始めよう

加藤将太の次世代起業家セミナー評判と副業の始め方

中島卓也が満塁ホームラン!日本ハムのスカウト力と育成がすごい。

スポンサーリンク

youtu.be

日本ハムの中島卓也が逆転満塁ホームランを打ちました。中島卓也自身、本塁打がプロ通算2本目。

ソフトバンク戦、相手ピッチャーはソフトバンクのバンデンバーグです。

 

日本ハムの中島卓也といえば、守備の名手として知られています。

ヤクルトスワローズにいた、あの宮本慎也と比べらるほどの逸材。

 

ただ、もともと高校時代は、「あまりに非力なこと」で有名な選手でした。

高校は福岡工業高校。九州大会で優勝するようなチームでしたが、中島卓也のおかげというよりは、投手のワンマンチーム。三嶋一樹(後にDeNA)です。

 

中島卓也は高校時代から、「守備はピカ一だけど、非力すぎてプロは無理」

そう言われていたんですね。

 

日本ハムというチームの育成力のすごさ

 f:id:danna24:20180512163435j:plain

 

 

 

その中島卓也を獲得した日本ハムには、確信があったんだと思います。

 

あまりにも非力で、プロではとてもじゃないがやっていけない・・

ただ、ショートとしてのセンスは図抜けていた。そのセンスを見抜いたってことですよね。

 

日本ハムは、時間をかけてじっくり育てれば、バッティングも上達しチームの中心選手になれるという確信があったから、獲得したんですよね。

 

この「確信」というレベルが、日本ハムは他の球団と比べても頭一つ抜けている気がします。

 

「選手がどうなるか・・日本ハムで鍛えれば、どういう選手に変えることができるか」

先を読むスカウト力がはんぱないんじゃないかって感じさせられます。

 

私は九州の人間で、中島卓也のことは高校時代から知っています。

確かに守備はうまいと思った。

 

でも、素人でもある程度野球に詳しい人間から見て、プロで試合にレギュラーとして出場して、満塁ホームランを打つなんてことは想像すらできない・・それぐらいは素人でもわかるよってレベル。

本当に見るからに「非力すぎる」イメージでした。

 

その中島卓也が、日本ハムでじっくり育てられ満塁ホームランを放ち、ベンチの清宮とかとハイタッチしている様子を見ると、すごくうれしくなると同時に日本ハムというチームの「スカウト力と育成力」にあらためて驚愕します。

 

 

大谷翔平の成功は日本ハムの先見性のおかげ

 

日本ハムと言えば、絶対にメジャーに行くと言っていた大谷翔平を強行指名しましたよね。あの強行指名は、「無茶するよな~」って誰もが思いました。

 

ただ、結果を見ると今の大谷翔平は、「日本ハムが作った」とも言えます。

 

過去に前例のない2刀流ブランを、大谷翔平に提案して説得に成功。

日本で2刀流の起用法を確立。大谷もそれに応えて実績を残す。

希望通りメジャーに挑戦させ、デビューと同時に2刀流で大活躍。

 

このシナリオ。

もちろん大谷翔平の努力もありますが、

日本ハムの思惑通り、このシナリオをイメージしていたんだと思うと鳥肌立ちませんか?

 

全く前例のない、不可能だと思えるようなシナリオをイメージし、それを実現させる日本ハムというチームの「スカウト力と育成力」

 

中島卓也の満塁ホームランであらためて、感じます。

90%割引も!ありえない価格の楽天裏ワザ購入法