加藤将太の次世代起業家セミナーで副業から始めよう

加藤将太の次世代起業家セミナー評判と副業の始め方

京都大学MBA卒の加藤将太はどんな人物なのか?京大時代とせどり時代

スポンサーリンク

 

f:id:danna24:20180312013822p:plain

  

加藤将太のブログを見ると、京都大学時代や夢を語っています。

そんな彼が、次世代起業家セミナーで「1万円」キャンペーンを大々的に始めました。

前代未聞のキャンペーンですが、広告費をメディアに使わずに紹介に使っているんですね。

これまでの広告の考え方と根本的な発想が違うから、過去の常識で見ようとすると「怪しい」になっちゃうわけですよね(笑)

 

 

では、加藤将太とはそもそもどんな人物なのか?

彼の生い立ちや経営者になるまでの簡単な経歴については、こちらの記事で書きました。

 

ここでは、京都大学で何を学んだのか。またなぜ工学部から畑違いの経営を学ぶMBAに進んだのか、そこでは何を勉強していたのか。

 

今回は、加藤将太の京都大学生時代について、お伝えしていきます!

 

f:id:danna24:20180316011938j:plain

 

超多忙な京都大学生時代

2年で約140単位取得(教職科目も取得)、社会人プロ劇団活動(主として発声練習)、2つの起業、通学時間中の英語学習、学会資料翻訳のアルバイト、学会の英語書記アルバイト、個別指導・家庭教師等の受け持ち、学習指導方法論の習得(圧倒的な読書)、

 

本人談・・振り返ると"何かの能力は身に付いた気がするが忙し過ぎて覚えていない(笑)"。

 

20歳、UCバークレーに短期留学。年100~300万円稼ぐアルバイトの継続と2つの起業、テニスの練習時間確保ができなかったこと、7年続けた工学部での学習と2度目の研究・論文執筆など・・その後当面の目的を経営に変更する。

 

☆最終目標が教育なのは不変。

京都大学MBA経由でコンサルに入り、コンサルで経営を学ぶ→経営で影響力を付ける→教育を変えるようとした。

 

神戸高専の卒業論文

20歳のとき。人工知能を研究。

Googleなどの人工知能である、ディープラーニングとニューラルネットワーク。

その基礎となるパーセプトロンの理論研究を論文に。

 

難しいです・・なんでも、積分計算は1行に1週間悩むようなレベルなんだとか。

 

 

京都大学工学部卒業論文(電子工学分野)

6,300%(例年は20~30%)の性能改善を示すシミュレーション研究を実施。

 

⇒経営の効率化(システム化)による社会貢献と日本の教育を変えたいという想いから、経営学の道へ。

 

京都大学工学部大学院に3日の勉強で合格。

京都大学大学院MBA(畑違いの文系)に1ヶ月の勉強で合格。

 

 

全ての科目でオール優をとり、理系から文系のMBAに入り、アルバイトに明け暮れ、英語の最短勉強法をあみだし、2つの起業で経験を積み、最終目標の「教育を変える」だけはぶれずに過ごした学生時代。

 

超超多忙な学生時代だったようです。秀才と言えばもちろんそうなんですが、ハンパのない好奇心と知識欲と冒険心。この情熱は今でも全く変わらず、自身のミッション「教育を変える」に向けて、走り続けています。

 

個人的に想うのは、「次世代起業育成セミナー」で起業家・成功者を量産し、圧倒的な実績を手に入れ、いよいよ日本の教育を変えるというミッションにチャレンジするんだろうなと。

 

あまりに次元が違うんですけど、私にとってありがたいのは、その思考を「パクれる」こと。

それが最短最速で成功する近道なのは間違いない。「成功脳を拝借する」んですからね。

 

そのための方法は別記事でも書きましたが、「音声」。耳です。セミナー動画や配布している音声をひたすら聴く。

 

加藤将太自身も、自分の思考をパクってもらうのが、成功への近道だと言っていますしね。

成功したい人は堂々と、「パクらせて」いただきましょう!

 

こちらから「次世代起業家育成セミナー」の動画が見れます。

無料部分だけでも51時間の大量動画です。

 

ちなみに、有料会員は、1か月3万円です。

有料会員になる前に、無料動画を全部見て、さらに1か月間、有料会員になるか検討する時間があります。

まずは、無料で見たい動画だけ見てみてはいかがでしょうか?

90%割引も!ありえない価格の楽天裏ワザ購入法