加藤将太の次世代起業家セミナーで副業から始めよう

加藤将太の次世代起業家セミナー評判と副業の始め方

資金ゼロで起業をネットでする方法とは?加藤将太の次世代起業の発想を理解する!

スポンサーリンク

f:id:danna24:20180311122642j:plain

 

1年あれば、知識0から起業し、リスクゼロで事業に成功できるという加藤将太。

そしてそれは、システム化することで自動化し、1日3時間経営で可能。

夢のような話ですが、本当なのでしょうか?

 

これまでの起業の常識を覆す次世代の起業。

今回は、従来型の社長と比較しながら、加藤将太の次世代起業のスタイルをお伝えします。

 

 

従来型の社長Aさん(運送業)の場合

  1. 安定経営まで10年。週に6日・1日平均10時間労働。
  2. 利益率は1~2%(申告は赤字の状態)
  3. 借入金は1000万円ぐらい
  4. 赤字経営7割なのが日本の中小企業の現状

悩み・・あまり時間がない。銀行との付き合いが重要。ストレスを抱えた生活。

 

次世代起業の場合 

  • 安定経営まで1年。週に3日~4日・1日平均3時間労働。
  • 利益率は30%~60%
  • 借入金はない。☆無借金、ノーリスクでできる秘密は後述。

悩み・・お金や時間に関する心配からは解放される。

 

 

なぜ、次世代型起業では、このような起業が可能なのか?

 

1.受注の違い

 Aさんは、元請けから受注する・・売掛金が多く、キャッシュフローが悪い状態が続いてしまう。

 

 それに対し、次世代起業は、インターネットやその他の仕組みを使い、多方面から直接受注する。

☆次世代型起業では、受注をマーケティングと定義。

 

2.仕組みの違い

 Aさんは、仕組みの中にいる。自らが動く。受注し仕事をこなす。

 

 次世代起業では、自分は仕組みの中に入らないのが基本。仕組みを外から見て、調整したり、新しい仕組みを作るのが仕事。

つまり、ポジションが違う。仕組みの中にいるか・外にいるか。その違い。

☆次世代型起業では、この仕組み化をシステム化と定義。

 

まとめ

これまでの経営者のイメージを大きく変える次世代起業の起業スタイル。背景は、やはりインターネットの普及です。

 

見方を変えれば、インターネットのおかげで、手法さえしっかり学べば、誰でも起業する環境があるということですね。そのチャンスをどう生かすか・・・それを次世代起業家セミナーでは学ぶことができます。 

 

また、この起業スタイルは、大企業には難しいです。なぜなら仕組みを作れないから。

だからこそ個人にチャンスがあるんですね。

 

ニーズを売る発想ではもう限界。モノやサービスは満たされています。

ウォントを発掘し続けなければならない。そうすると、大企業では難しい。簡単には事業内容を変えられないからですね。

 

必ずスモールビジネスになる。だから、個人の出番だということですね!

 

次回の記事では、次世代起業家育成セミナーを受講し、成功した方の例をお伝えします!

  

f:id:danna24:20180226115735j:plain

 

 

 

私も、次世代起業家セミナーに出会い、人生が180度変わりました。

 

会社を辞めるリスクと会社に残るリスク・・悩みますよね。

私は8年も悩み(笑)

やっと会社をやめ、起業しました。

それは、会社を辞めるリスクがないと思えたからです。

 

会社という組織内にいたら、絶対に分からない苦労や失敗もありますが、その先にある「自分らしい人生」を夢みることができれば、きっと乗り越えられる。

 

加藤将太の次世代起業育成セミナーは、会社員をしながら副業から始めるスタイルを提唱しています。

 

全く新しい起業スタイル。知識がゼロであっても、リスクを取らずにインターネットを使って起業できる。

 

下記の記事に、次世代起業家育成セミナーのコンテンツについて、レビューした記事をまとめています。

 

どういう起業スタイルなのか。なぜリスクがないのか・・

目からうろこの情報ばかりです。

ぜひご覧になってください。 

www.036izu.net


90%割引も!ありえない価格の楽天裏ワザ購入法